スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
剑龙之雪隐(向下拉)
漫天的雪花在宫灯炜缓缓的轻舞飞扬,纯白而又无声
“希奇阿,希奇......吾之居所,居然会有你们这样的稀客...”轻依栏栅,疏楼龙宿还是疏楼龙宿,那份悠然自得依旧存在,改变的,只是那眉间日渐加深的落寞.
“...哈,不过吾现在的居所,也只有你们才会大驾光临吧......”想等的人,想见的人,却也是最不可能来找自己的人...现在,他想必还在为他所谓的“道”在努力吧...
伸出冻得有丝发白的手,接住轻轻飘落的一片雪花,看着它因那仅存的一点温暖而融化,冰冷的水滴,也逐渐侵蚀起掌心微薄的热力。
甩甩手,抛开那让自己心烦的冰冷“雪,华丽而又脆弱,看得人觉得他美丽但却冰冷,到底是你如同这纷雪,还是吾比较像呢...”像想起什么,龙宿轻展眉头,露出一丝浅笑“剑子那厮,定会说:这样的华丽缤纷,除了你疏楼龙宿,还有谁能与匹配之?”
苦笑着轻轻摇摇头,怎么自己老是会想起不想想起的人,和事...
“这样满天的飞舞,无止境的交错,吾...并不讨厌雪”再度伸出冰冷的手,任雪花肆意冻虐;那样的纯白,让自己回忆起某人同色的发丝...
眼皮慢慢变得沉重,毫不在意冻人的寒气,龙宿慢慢的合上了眼...
也许在梦中......
20060123053059.jpg

スポンサーサイト
【2006/01/23 06:09 】 | | コメント(3) | トラックバック(1) | page top↑
<<好久没有更新了 | ホーム | 认真写日记>>
コメント
- -画了一张图,就想给陪个文,正好我这边下雪...但是配出来觉得写得好悲......
自打耳光......
【2006/01/23 06:19】 | URL | 嘟嘟 #-[ 編集] | page top↑
我喜欢下面的
咻咻一定在引诱剑子~~~
啊~~~~女王有>.<
【2006/01/24 01:24】 | URL | 菊 #-[ 編集] | page top↑
是诱劝,不是诱惑~老婆=。=,你被污染了55555555555
我想要得是...那份暧昧,惜怜和.......果然还是诱惑么.....OTZ|||||
【2006/01/24 02:09】 | URL | 嘟嘟 #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://dududu521.blog33.fc2.com/tb.php/12-ce49a4a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
一から初めるブログ
こないだの話です!日記の書き方ってこんな感じで良いんですか?どう思うぅ?あたしだけかしらネ… 初めましてなブログ【2006/01/23 06:16】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。